スポーツ選手

野村敏京の国籍は韓国で日本語が苦手?LPGA非会員?両親はどんな人?リオオリンピック注目選手

Pocket

本日はリオオリンピックの注目選手ということで、女子ゴルフの野村敏京選手の紹介をしたいと思います(・∀・)

何でも国籍は韓国という噂があり、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)に所属しておらず
メダル獲得した時の報奨金がどうなるのか等が注目されています。

なので、本日はその辺を根掘り葉掘り調べてみました!

また父親はどんな人なのかも?調査しましたので、ご覧ください!

野村敏京のプロフィール 国籍は韓国ではなく日本 読み方、生年月日、身長等々

野村敏京

名前:野村敏京 Harukyo Nomura(23)
生年月日:1992/11/25
プロ転向:2011年
身長 166.0cm
国籍:日本
出身校:ソウル明知高等学校

日本人の父と韓国人の母を持つ。日本で幼少期を過ごし、その後韓国で育った。「はるきょう」という名前は母方の祖母がつけたもの。中学2年からハワイ在住の叔父がコーチを務め、弟の野村京平もプロゴルファー。アマチュア時代は日本ツアーで数々のローアマチュア賞を獲得。10年に米ツアーのファイナルQTに挑戦。2011年に日本国籍を選択し、米国でプロ転向した。同年4月の下部ツアー「デイトナビーチインビテーショナル」で米初タイトルを獲得。5月には国内ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」を制した。18歳178日での優勝は宮里藍に次ぐ2番目(当時)の年少記録。13年は国内ツアーに専念したが、年末に再度米ツアーのQTを通過し、ツアープレーヤーへと返り咲いた。初参戦から6年目の16年2月「ISPSハンダ オーストラリア女子」で日本勢4季ぶりとなる米ツアー初優勝を飾り、4月の「スウィンギングスカートLPGAクラシック」で早くも2勝目をマークした。

引用元:GDO

ということで、野村敏京選手の詳細プロフィールはコチラ。
珍しいお名前ですが、読み方は「のむら はるきょう」というそうです。
ちょっと失礼な話ですが、最初は男性の方かと思ってました(^^;
野村選手ごめんなさい!いいお名前だと思います!

国籍は当たり前ですが、日本です!
お父さんが日本人でお母さんが韓国人で韓国で育っただめ、韓国のイメージが強いですが、
2011年に日本国籍を選択。そしてアメリカでプロになったようですね。

ちなみに野村選手は韓国で育ったため、日本語は苦手であまりしゃべれないそうです(^^;
まあ、いくら日本人とはいえずっと日本にいないと日本語は上達しないでしょうからね。
これから勉強して頂きたいですね~

youtubeを漁ったら、野村選手のインタビューの動画がありますので、貼っておきます。

うーん、そこまでヘタではないような(^^;
ちなみにこれは2014年の動画なのでもっと上達しているかもしれません。

ということで、是非日本人としてメダルを獲得してほしいですね!

そして生年月日は1992年11月25日生まれの24歳!わけえ~(;´∀`)
これだけの若さでプロにそしてリオオリンピックに出場するだから、本人は相当な努力をしたんでしょうね。

スポンサーリンク

身長は166cmと女性としては大きめですね。
スポーツをやる方は小さいより大きいほうがいいでしょう!

続いてのページでは、野村敏京選手がLPGA非会員ということで、それがどういった問題になるのか迫ってみました!

 

野村敏京は日本女子プロゴルフ協会(LPGA)非会員。メダルの報奨はどうなる?そもそもLPGAって何?

野村敏京選手はLPGAの非会員ということになっており、メダルを獲得した時の報奨がどうなるか注目されています。

ちなみにLPGAとはLadies Professional Golf Associationの略で、
日本女子プロゴルフ協会のことです。

どいうことをやっているのか、公式ページで見てみると…

目的

一般社団法人日本女子プロゴルフ協会は、女子プロゴルファーの資質の向上ならびにゴルフの技術、ルールおよびマナーの研究・指導を行うことにより、女子プロゴルフ界の健全な発展を図り、もって国民の心身の向上および国際親善に寄与することを目的とする。

事業内容

女子プロゴルファー及びゴルフ指導者の資格の認定及び資質の向上
ゴルフの技術、ルール及びマナーに関する調査、研究及び指導
女子プロゴルファーによる試合の開催及びその後援
ゴルフ競技大会、トーナメントの企画、運営及びそれらに関するコンサルティング
ゴルフ場、ゴルフ練習場、ゴルフスクールの経営及び運営並びにそれらに関するコンサルティング
ゴルフコースの設計及び監修
ゴルフ用品の品質適正に関する検査、証明及び推薦
ゴルフ用品、ゴルフ関連商品、オリジナルグッズの企画、開発、制作及び販売
刊行物の企画、制作及び出版
著作権、著作隣接権、肖像権、商標権、意匠権、放映権等の無体財産権の取得、使用許諾、譲渡及び管理
労働者派遣事業及び有料職業紹介事業
講演会、講習会、研究会等の開催及び講師の派遣
その他この法人の目的を達成するために必要な事業

引用元:LPGA公式ページ

ということで、女子プロゴルファーの認定や指導を行ってるところみたいですね。
ゴルフコースの設計やゴルフ用品の開発等々…ゴルフ関係の事を色々とやってるみたいですね。
まさにゴルフのプロフェッショナルと言ったところでしょうか。

このLPGAに野村選手は所属していません。
これがどういった問題のなるかというと、メダルを取った時の報奨が関わってきます。
メダリストへの報奨は下記のようになっています。

・金メダル
シード10年分と1000万円

・銀メダル
シード5年分と500万円

・銅メダル
シード3年分と300万円

ということで、このようにメダルを獲得するとシード権と賞金が得られるます。
ちなみに男女で微妙に異なるそうですが、大方こんな感じということです。

このシード権に関してはLPGA会員にのみ与えられ、仮に野村選手がメダルを獲得した場合でもシード権をもらうことができません。
あくまで与えられるのは賞金のみですとなってしまうとのことです。

スポンサーリンク

今後、野村選手が将来、LPGAの会員となった場合にシード権はどうなるのか?
又、メダルを獲得した選手でLPGAの会員で仮にその選手が非会員になった場合はどうなるか?

といった問題があるようです。
LPGA関係者はどうなるかは「決まっていない」ということで、こちらの報奨の扱いがかなり不透明になっているということですね(;´Д`)

せっかくメダルを獲得してもこれだけ不透明だと選手に不信感を抱かせる形となるので、
なんとかある程度決めてほしいところです。

次のページでは野村敏京選手の両親について迫っています!

 

野村敏京の両親は既に離婚。母と一緒に生活

野村敏京選手の両親は野村選手が幼い頃に離婚しており、母親の昭英(ソヨン)が女手ひとつで育てたそうです。
今でもお母さんと一緒に暮らしているそうです。

うーん、これはお父さんは相当な離婚したのを後悔しているのではないでしょうか。
なんてたって女子プロゴルファーで、リオオリンピックにも出場するほどの実力の持ち主。

ちなみに以前に野村選手が優勝した「ISPSハンダ女子オーストラリア・オープン」の賞金が

総額1億5000万円

スポンサーリンク

だったそうです(;´∀`)

その他の大会でもガッポガッポ稼いでるだろうし。これはお父さんは後悔しきれませんね(;´Д`)
まあ、お金の話はちょっといやらしいのでこのぐらいにしておきましょう(笑

何はともあれ、女手一つで育てたお母さんのために頑張ってほしいですね(・∀・)
後、まだいるかはわかりませんが、野村選手の運命の人のためにも(´▽`*)

ということで、本日はリオオリンピックの注目選手ということで、
女子ゴルフの野村敏京選手の紹介でした。

最後までご覧いただきましてありがとうございましたm(__)m