グルメ・レシピ

ベイカラを作ったラ・ボンバンスの料理長(シェフ)・岡本信とは?

Pocket

横浜DeNAベイスターズの本拠地・スタジアムに「ベイカラ」というオリジナルの唐揚げが発売されるようです。

なんでも西麻布のの高級日本料理店La BOMBANCE(ラ・ボンバンス)というところの
料理長・岡本信さんが監修して作られたとか(゚д゚)!

このラ・ボンバンスというお店はミシュランガイドで8年連続星を獲得している名店ということみらいです。

本日はそんなベイカラの味や価格、そして監修した料理長・岡本信さんと高級料理店であるラ・ボンバンスについて迫ってみましたので、ご覧ください!!

ベイカラの発売日・味・価格等々

ベイカラ

引用元:デイリースポーツ

ベイカラの発売日ですが。4月26日から発売になります。
というこことで、明日の横浜対中日の試合では食べることができそうですね。

ちなみに写真の真ん中に映っているのが、ラ・ボンバンスの料理長・岡本信さんだそうです。

気になる味はベイスターズの石田投手の感想がありました。

試食した石田健大投手(23)は「から揚げは好きですが、チーズ味は食べたことがなかった。最高においしかった」と絶賛。自らの背番号14にちなんで、「ジューシーでした!」と笑顔を振りまいた。

ということでチーズ味の珍しいからあげとなっています。
このベイカラは2度揚げすることで、表面がカリッと、中はジューシーになるように仕上げたの
聞いただけで、ビールがほしくなるからあげですね~

夏の暑いデーゲームでベイカラをつまみにビールを飲みながら、野球を見る…

うーん、想像しただけでちょっとテンションが上がってしまいますね(´▽`*)

私も結構野球が好きでたまに球場に足を運ぶことがありますが、やっぱり屋外のスタジアムで飲むビールは非常に美味しく感じるものです(^^

ちなみにこのベイカラの値段は税込550円とのことです。

スポンサーリンク

うーん、ちょっと高いかも(^^;
まあ、ミシュランで星を獲得しているシェフが作っているので、しょうがないという感じでしょうか。

そもそも球場の食事というはちょっと割高になる感じですからね~
球場でこういうものが食べられるということをハマスタに感謝しましょう(笑

続いてのページではミシュランで星を獲得したベイカラを作ったレストランのラ・ボンバンスというお店に迫ってみましょう!!

ラ・ボンバンスの評価や口コミ、アクセスについて

ラ・ボンバンスの評価や口コミを食べログ調べてみたところ、
4月25日現在で234件の評価があり、平均評価点は5点満点中4.00(゚д゚)!

いやーこれは高いですね。さすがミシュランで星を獲得するほどの名店と言ったところでしょうか。
普通ミシュランで星を獲得してても、実際に行ってみると
「値段は高いだけで、そんなにおいしくなかった…。」というパターンも多々ありますかね(^^;

私もミシュランの2つ星にのついたお店に一回だけ行ったことがあるんですが、
値段は高かったんですけど、味はうーんっていう感じになりましたからね(;´∀`)

実際に料理の写真を見てみると納得です。(↓食べログより一部抜粋しています)

ラ・ボンバンスラ・ボンバンス1ラ・ボンバンス3

ふえ~どれもおいしそう(゚д゚)!

創作日本料理の名店ということだけあってどれも本当においしそうです(゚д゚)!

これだけの評価も頷けますね。
ただやはり高級店という事で、こちらのでのディナーの予算は10,000~15,000程となっています(^^;

普段格安の居酒屋などでディナーを楽しんでいる私にとってはかなりしきいが高いです(笑

口コミなども見ていきましょう

相変わらず美味しい。雰囲気も落ち着いていて、
最近はメニューをある程度ですが、解読できるようになってきた気がします。そこも嬉しい(笑
純正な和食屋さんというより、美味しい物を出してくれる創作和食の分野になります。
それがいいと思っています。本当に美味しいのだから^^

 

いやー最後まで楽しい演出、堪能しました。自然で気持ちのこもったサービスも心地よく、良いお店です。こういった趣向を喜んでくれる人をまた連れて来たくなりました (^^)

 

ここの素晴らしいのは、お料理も美味しいですが、とにかくスタッフの皆様の気遣い&心遣い。

お料理や飲み物のタイミングは抜群。

お料理の説明はその時その時でこちらの聞く体制を察知してお話ししてくださり心地よい。

ナプキンを床に落としてしまったら、すかさず新しいものを。

お水はなくなる前にちゃんと注いでくれ、お酒もなくなる少し前にちゃんときいてれる。

スポンサーリンク

最後のご飯をパスする旨を伝えたら、代わりの素晴らしいスープを臨機応変にご提案。

最後のお見送りは私達が見えなくなるまで。

気持ちよすぎます!
また伺いたいと心底思えるレストランでした。

西麻布のモダン日本料理レストランは…
真っ当なお料理とサービスの素晴らしいレストラン♪

ということで、料理もさることながら、サービスも本当にすばらしいレストランですね~
これだけの高評価なら横浜スタジアムで販売されるベイカラもかなり期待していいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

冒頭でベイカラ550円は高いと書きましたが、これだけの店の料理だと逆に安く感じてしまいますね(^^;

ちなみにアクセスはコチラ

print_map

日本料理 ラ・ボンバンス
ACCESS
地下鉄日比谷線六本木駅2番出口 徒歩10分
地下鉄日比谷線広尾駅3番出口 徒歩10分
地下鉄千代田線乃木坂駅3番出口 徒歩10分

ADDRESS
〒106-0031 東京都港区西麻布2-26-21-B1
(入り口は六本木通り沿いに面しています)

TEL
03-5778-6511 (12:00以降)

HOURS
18:00~22:00(最終入店)25:00閉店
(日曜・祝日定休)

BUDGET
約¥14,000(カード可)

SEAT
30席

PARKING
近隣にパーキング有り

スポンサーリンク

引用元:ラ・ボンバンス公式ホームページ

ちょっと駅から遠いみたいなので、電車で行く場合は予約をしたらある程度時間の余裕見て行動したほうがよさそうです。

続いてページではベイカラの生みの親であるラ・ボンバンスの料理長である岡本信シェフに迫ってみます!

ラ・ボンバンスの料理長・岡本信シェフの経歴は?

岡本信

岡本信シェフ

1973年、新潟県出身。
高校卒業後に料理の世界に入る。日本料理「鴨川」を皮切りに日本料理「明石」、紀尾井町「福田家」などで修業を重ね、2004年にオーナシェフとして東京・西麻布に「ラ・ボンバンス」をオープン。2008年のミシュランガイドから連続で一ツ星を獲得。現在は料理長として腕を振る一方、料理教室の講師を務めるなど、活動の幅を広げている。

引用元:シェフごはん

ということで、高校卒業後にすぐにシェフになってこちらの経歴で見る限り、
3店舗で修行して2004年にはラ・ボンバンスをオープンしたようですね。

1973年生まれということは、ラ・ボンバンスをオープンしたのは若干31歳の時…。
いやーこの若さで自分のお店を持てて、尚且つ高級日本料理店とは…。

岡本信シェフの実力の高さが伺えますね。

ということで、そんな岡本信シェフがプロデュースした「ベイカラ」。
横浜スタジアムに行く機会があれば、是非食してみてはいかがでしょうか。

私ももしハマスタに行く機会があれば、食してみたいと思います!