スポンサーリンク

野村敏京の国籍は韓国で日本語が苦手?LPGA非会員?両親はどんな人?リオオリンピック注目選手



スポンサーリンク




本日はリオオリンピックの注目選手ということで、女子ゴルフの野村敏京選手の紹介をしたいと思います(・∀・)

何でも国籍は韓国という噂があり、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)に所属しておらず
メダル獲得した時の報奨金がどうなるのか等が注目されています。

なので、本日はその辺を根掘り葉掘り調べてみました!

また父親はどんな人なのかも?調査しましたので、ご覧ください!

スポンサーリンク




野村敏京のプロフィール 国籍は韓国ではなく日本 読み方、生年月日、身長等々

野村敏京

名前:野村敏京 Harukyo Nomura(23)
生年月日:1992/11/25
プロ転向:2011年
身長 166.0cm
国籍:日本
出身校:ソウル明知高等学校

日本人の父と韓国人の母を持つ。日本で幼少期を過ごし、その後韓国で育った。「はるきょう」という名前は母方の祖母がつけたもの。中学2年からハワイ在住の叔父がコーチを務め、弟の野村京平もプロゴルファー。アマチュア時代は日本ツアーで数々のローアマチュア賞を獲得。10年に米ツアーのファイナルQTに挑戦。2011年に日本国籍を選択し、米国でプロ転向した。同年4月の下部ツアー「デイトナビーチインビテーショナル」で米初タイトルを獲得。5月には国内ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」を制した。18歳178日での優勝は宮里藍に次ぐ2番目(当時)の年少記録。13年は国内ツアーに専念したが、年末に再度米ツアーのQTを通過し、ツアープレーヤーへと返り咲いた。初参戦から6年目の16年2月「ISPSハンダ オーストラリア女子」で日本勢4季ぶりとなる米ツアー初優勝を飾り、4月の「スウィンギングスカートLPGAクラシック」で早くも2勝目をマークした。

引用元:GDO

ということで、野村敏京選手の詳細プロフィールはコチラ。
珍しいお名前ですが、読み方は「のむら はるきょう」というそうです。
ちょっと失礼な話ですが、最初は男性の方かと思ってました(^^;
野村選手ごめんなさい!いいお名前だと思います!

国籍は当たり前ですが、日本です!
お父さんが日本人でお母さんが韓国人で韓国で育っただめ、韓国のイメージが強いですが、
2011年に日本国籍を選択。そしてアメリカでプロになったようですね。

ちなみに野村選手は韓国で育ったため、日本語は苦手であまりしゃべれないそうです(^^;
まあ、いくら日本人とはいえずっと日本にいないと日本語は上達しないでしょうからね。
これから勉強して頂きたいですね~

youtubeを漁ったら、野村選手のインタビューの動画がありますので、貼っておきます。

うーん、そこまでヘタではないような(^^;
ちなみにこれは2014年の動画なのでもっと上達しているかもしれません。

ということで、是非日本人としてメダルを獲得してほしいですね!

そして生年月日は1992年11月25日生まれの24歳!わけえ~(;´∀`)
これだけの若さでプロにそしてリオオリンピックに出場するだから、本人は相当な努力をしたんでしょうね。

身長は166cmと女性としては大きめですね。
スポーツをやる方は小さいより大きいほうがいいでしょう!

続いてのページでは、野村敏京選手がLPGA非会員ということで、それがどういった問題になるのか迫ってみました!

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


この記事は役に立ったと思ったらクリックお願いします。

コメントを残す