スポンサーリンク

自転車や椅子等に座った際の尻汗の対策方法は?



スポンサーリンク




尻汗対策その5 ミョウバン水を飲む!その作り方は?そもそもミョウバンって何?

2016y07m17d_195456901

尻汗対策の5つ目としてはミョウバン水をという方法があります。
これを作って体に塗ってあげましょう!!

ミョウバンとは、硫酸カリウムアルミニウムというものです。
なーんかすんごい難しいものって感じがしますが、食品の色落ち防止なんかに使われるものですね。
俗にいう食品添加物ってやつですね。

また温泉の湯の花もミョウバンが固まってできたものです。

このミョウバンには汗を抑える作用があるので、尻汗でお悩みの方にはオススメです。

しかもこのミョウバンは水に溶けると酸性になって汗のにおいなどの原因菌を分解し、菌の増殖を抑えてくれるのでワキガ等の汗のにおいやでお悩みの方にもオススメのものです。

さて、それでは早速そのミョウバン水(原液)の作り方について見ていきましょう!

ミョウバン水(原液)を作るのに必要なもの

・ペットボトル(500ml)
・焼きミョウバン 約17グラム
・水道水 500ml

ちなみにこの分量はあくまで500mlのペットボトルで作る場合に必要なものですので、
水とミョウバンの分量を30:1にして頂ければ、1.5リットルや2.0リットルのペットボトルでも作ることができます。

参考までに書いておきますが、
1.5リットルのペットボトルなら焼ミョウバンが30グラム
2.0リットルのペットボトルなら焼ミョウバンが約67グラムです。

また材料にある焼きミョウバンですが、薬局などで売っています。
アマゾンや楽天などの通販サイトでも売っており、値段も500円以下と安いので通販サイトでの購入もおススメです。

 

ミョウバン水(原液)の作り方

ミョウバン水(原液の)作り方は逸れ尾ほど難しくなく簡単です。
ペットボトルにミョウバンを入れそのいまフタをして、軽く振れば完成。
…なんですが、ミョウバンは非常に溶けにくい性質をもっているので、混ぜたら一晩おいて使うようにしましょう。

ミョウバン水の原液は冷蔵庫に入れれば1か月はもつということですが、2週間ぐらいで使い切るサイズで使った方がよいと思います。
やはり新鮮なほうがいいですからね(´▽`)

またこのミョウバン水を作る際には水道水を使ったほうがいいです。
ミネラルウォーターだと水道水と違って塩素が入ってないので、早く腐ってしまいます。

ミョウバン水の効果的な使い方

さて、早速できたミョウバン水の原液を効果的に使う方法を紹介したいと思います。

まずこのままだとミョウバン水は原液で濃いため、これを10倍~30倍に薄めて使用します。
尻汗の場合、この薄めたものをコットンにつけてお尻に塗ってあげるたり、スプレーにいれてお尻に吹きかけてあげましょう。

また人によっては肌荒れを起こしてしまう可能性があるので、合わないときは無理に使用しないようにしましょう。

…ということで、本日は尻汗でお困りの方のために尻汗の対策方法について紹介しました。
比較的やりやすいものをチョイスしたつもりですが、いかがだったでしょうか。

ミョウバン水に関しては作るという行動まではちょっとめんどうくさい感じもしますが、
いざ作ってしまうとすぐ出来てしまうのでおススメです。

これで暑い夏の尻汗の悩みを解消しましょう!!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


この記事は役に立ったと思ったらクリックお願いします。

コメントを残す