スポンサーリンク

2016年新祝日・山の日ができた理由・由来…なぜ8月11日に?ハッピーマンデーではないの?



スポンサーリンク




ちなみに当初の案では8月12日に制定しようしてたんですが、「日航機墜落事故」と同じ日だたため、8月11日になったそうです。

ちなみに「日航機墜落事故」というのは若い方は知らない方もいると思いますので、ちょっと説明しておきます。

「日航機墜落事故」とは乗員乗客524人のうち520人が死亡した非常に痛ましい事故です。
この死者数は飛行機の墜落事故では世界最多の死者数となるそうです。
この事故があったの山の日を制定しようとした1985年8月12日…
夕方のラッシュとお盆による帰省ラッシュにより、乗客も多かったそうです(;´Д`)

この事故の犠牲者にはたくさんの著名人の方もおり、「上を向いて歩こう」で有名な坂本九さんもこの事故で命を落としています。

坂本九

また当時の阪神タイガースの球団社長だった中埜肇さんや
あのハウス食品の代表取締役社長だった浦上郁夫さんもこの事故で命を落としています。

これだけの大事故ということで、8月12日を祝日にするのをやめたみたいですね。
うーん、これは正しい判断だと思います。遺族の方もこの日を祝日されるのは非常に嫌でしょうからね。

 

しかし、この山の日というのは学生さんは夏休みなので学生さんにとってはありがたくない休みですね(^^;
学生さんに8月じゃなくて他の月にしてくれと言った感じでしょうね(笑
実は6月の予定もあったんですが、それについても説明します!

山の日は今後ハッピーマンデーの対象となるか

山の日ですが、今後ハッピーマンデーの対象になるかも気になるところだと思います。
ちなみに今まで日付固定からハッピーマンデーに移った祝日はコチラ。

・成人の日
1月15日→1月第2月曜日へ(2000年より移動)

・海の日
7月20日→7月第3月曜日へ(2003年より移動)

・敬老の日
9月15日→9月第3月曜日へ(2003年より移動)

・体育の日
10月10日→10月第2月曜日へ(2000年より移動)

ということで意外なことに海の日と敬老の日が2003年にハッピーマンデー移動して、
それ以降にハッピーマンデーに移行した休日はありません。

成人の日は成人式を迎える方が、水曜日等の中途半端な日だと大学や働いて別の地域にいた時に帰りづらいですからね。
ハッピーマンデーにしたのは正解だと思います。

その他の日に関しても、やっぱり3連休になるのは嬉しいですからね(´▽`*)
あの日曜日の憂鬱がなくなるというだけで、ハッピーマンデーにしてもらってよかったという感じです。
また平日が4日になるというのも、非常にうれしいところ。
5日と4日では体の疲れが全然違いますからね

こう考えるとハッピーマンデーって素晴らしいです(笑

話は戻りますが、山の日がハッピーマンデーになる可能性はあるか?という本題ですが、
答えはハッピーマンデーへの移行はまずないと言っていいでしょう。

なぜハッピーマンデーへの移行がないかと言い切れると、まず2003年以降でハッピーマンデーに移動した祝日がない、つまり10年以上移動がないということ

そして前にも述べましたが、すぐにお盆休みが来るため、ハッピーマンデーに移行する意味があまりないということですね。

なので、今後山の日がハッピーマンデーで月曜日休みになるということは限りなくゼロと言ってもいいでしょう。

山の日は元々6月にする予定だった?

こんな中途半端な夏休みに祝日を作るぐらいだったら、6月に祝日がないんだから、6月を祝日にしろ!と思う方もいると思いますが、
実はこの山の日は6月にするという案が当初はあったようです。

2013年の山の日制定議員連盟の案では、先ほど述べたように6月にするという案が有力だったんですが、却下されてしまいました(;´Д`)

なぜ6月が却下されたかというと…

ゴールデンウイーク明けで6月ボケになって困る

…ちょっと何言ってるかわからないです(サンドウィッチマン富澤風に)
うーん、6月に休みが1日増えるだけでボケるほど日本人ってアホなんでしょうか(^^;
私はそうとは思いませんが。

まあ、6月は山に雪が残っててふさわしくという意見もあったみたいですが、
6月は祝日がないのは精神的にキツいんですよねー。

6

この6月のカレンダーの平日の何もなさに毎年絶望している方も多いはず(笑

国民の祝日が増えてちょっと喜んでいたんですが、6月が候補だったら6月のほうがよかったなぁ(笑

次のページでは今までの山の日についての情報をまとめたページになります!

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


この記事は役に立ったと思ったらクリックお願いします。

コメントを残す