スポンサーリンク

南谷真鈴が可愛い!カップ数は?(画像で検証)襲われた経験や滑落遭難も…経歴がすごい【人生が変わる1分間の深イイ話】



スポンサーリンク




本日は12月19日に放送される「人生が変わる1分間の深イイ話」される南谷真鈴について調べてみました(・∀・)

非常に可愛い登山家ですが、とんでもない経歴やカップ数、更には登山中に襲われた経験や滑落遭難事故についても調査してみました!

それでは南谷真鈴さんの詳細をご覧ください!!

スポンサーリンク




南谷真鈴のプロフィール 身長体重・生年月日(年齢)・学歴(出身高校・大学)等々…

%e5%8d%97%e8%b0%b7%e7%9c%9f%e9%88%b4

名前:南谷真鈴(みなみや まりん)
生年月日(年齢):1996年12月20日(19歳)
出身地:神奈川県川崎市
血液型:O型
出身高校:東京学芸大附属国際中等教育学校
大学:早稲田大学政治経済学部

ということで、南谷真鈴のプロフィールはコチラ。
「真鈴」と書いて「まりん」と読む中々現代的な名前ですね~

生年月日は1996年12月20日ということで今年(2016年)で20歳
この記事を書いているのが、2016年12月17日なのでもうすぐ二十歳(はたち)ですね。

出身高校は東京学芸大附属国際中等教育学校
何か中学校みたいな名前ですが、調べてみると2007年に中学校と高校を合併したみたいで、こんな名前みたいです。

東京学芸大学附属大泉小学校からエスカレーター式で進学できるいわゆる「お受験」で、
小学校から進学できる高校みたいですね。
私には無縁の世界なので、本当に雲の上の世界と言った感じでしょうか(;´∀`)

大学は言わずと知れた早稲田大学。20歳ということで今も在籍中ということですね。
うーん、早稲田大学とは高学歴ですごい(^^;

身長体重に関しては調べたんですが、情報がありませんでした(;´Д`)
期待して方はすいません…ご存知の方は教えて頂ける幸いです。

続いて項目では南谷真鈴の経歴について迫ってみました!
若干二十歳ですがものすごい経歴の持ち主です!

南谷真鈴の経歴 七大陸最高峰日本人最年少登頂記録保持者

南谷真鈴さんの経歴についてですが、七大陸最高峰日本人最年少登頂記録保持者というとんでもない経歴の持ち主です(゚д゚)!

ちなみに七大陸最高峰とは…

・アジア大陸:エベレスト(標高8,848m)
・ヨーロッパ大陸:エルブルス山(標高5,642m)
・北アメリカ大陸:デナリ(標高6,194m)
・南アメリカ大陸:アコンカグア(標高6,959m)
・アフリカ大陸:キリマンジャロ(標高5,895m)
・オーストラリア大陸:コジオスコ(標高2,228m)
・南極大陸:ヴィンソン・マシフ(標高4,892m)

となっています。

一番低い山でもコジオスコでも2,228m、一番高い山はもちろん世界最高峰のエベレストとなっています。

こんな山々をまだ20歳にもなっていない少女が登るとは…。
南谷真鈴さん本当にすごいですね(;´∀`)

ちなみにエベレストを制覇したのは2016年5月23日。
これも日本人最年少記録だそうです。

うーん、南谷真鈴さん凄すぎです(^^;

続いての項目では南谷真鈴のカップ数などのスタイルについて迫ってみました!

南谷真鈴のカップ数は?

南谷真鈴さんのカップ数についてですが、南谷真鈴さんはグラビアアイドルや女優ではないので、当然ですが正式な情報はありませんでした(;´∀`)

なので、30超えたおっさんの私が予想してみました!
参考にした画像はコチラ。

南谷真鈴さんのインスタの投稿でユニクロのヒートテックを紹介している画像ですね。
ユニクロのヒートテック越しのふくらみがすごくいい(*´Д`)

男の人ならわかると思いますが、着衣系の胸はそそるものがありますよね(笑

個人的な予想ですが、南谷真鈴さんのカップ数はCカップではないかと予想します!

続いての項目では南谷真鈴さんはシェルパ(ガイド)に襲われた経験があり?滑落や遭難などについて調査してみました!

南谷真鈴はシェルパに恐れた?高校時代に滑落し遭難しかけた経験あり

南谷真鈴さんで検索をかけると「襲われた」という何とも穏やかではない言葉が出てきます。
一体どういうことなのかと調査してみると、どうやら南谷真鈴さんはエベレスト登頂の際にシェルパに襲われたみたいです(;´Д`)

ちなみににシェルパとはネパールに住む民族のことです。
エベレスト登頂などの際にガイド(案内人)をしてくれるそうです。

そんなシェルパにエベレスト登頂中に標高7,300mところで襲われたそうです。
なんでも雑誌に書いてあったそうで、本来は隠した方がいいぐらい生々しい内容だったとか…。

そして遭難についてですが、南谷真鈴さんが高校3年生の時に標高2,805mの阿弥陀岳を登っている際に滑落事故にあって遭難しかけたことがあるそうです。

なんでも仲間とつないでいたロープが足に絡まり外れてしまい、そのままバランスを崩して急斜面から落下…。

なんと200m下に落ちてしまったとのこと。

幸い携帯電話はあり、救助の連絡をして寒さに耐えながら寝袋で一夜を明かしたとか…。
そしてヘリコプターで救助されたとのこと。

うーん、本当に一つ間違えたら死んでいたかもしれない遭難事故ですね…。
本当に無事で何よりです。

ヘリコプターに乗るなんて一般人では中々ない経験ですからね(;´Д`)

 

スポンサーリンク


この記事は役に立ったと思ったらクリックお願いします。

コメントを残す