スポンサーリンク

クレイジージャーニー高野秀行の妻の家族がすごい!逮捕、脳みそ酒って?



スポンサーリンク




本日はクレイジージャーニーに出演する辺境・探検・ノンフィクション作家・高野秀行さんについて迫ってみました。

高野秀行さんの奥さんについて迫ってみたんですが、家族がすごい人たちばかりでした(;´∀`)
また検索すると逮捕という関連キーワードが出てきて調べたところ理由もわかりましたので、そちらもお楽しみに!

またクレイジージャーニーで紹介される脳みそ酒とは…

それではクレイジージャーニー高野秀行さんの詳細についてご覧ください!

スポンサーリンク




クレイジージャーニー出演・高野秀行のプロフィール 年齢・出身地・学歴・身長体重等々

%e9%ab%98%e9%87%8e%e7%a7%80%e8%a1%8c

生年月日(年齢):1966年10月21日(50歳)
出身地:東京都八王子
職業:ノンフィクション作家
出身大学(学歴):早稲田大学第一文学部仏文科(探検部)
身長・体重:不明

ということで、クレイジージャーニーに出演される高野秀行さんのプロフィールはコチラ。

生年月日は1966年10月21日ということで、今年(2016年)で50歳です。
う~ん、今年で50歳には全然見えないですね(;´∀`)
やはり冒険をしながら作家活動をしているということで、若々しく見えますね。

出身地は東京都八王子で、学歴としてはなんとあの早稲田大学の出身(゚д゚)!
その時から探検部に所属して、在学中に「幻獣ムベンベを追え」を書いており
学生時代からノンフィクション作家みたいなことをやっていたみたいですね。

私は名もない底辺大学の出身ですが、そういう大学でもやっぱり頭のいい人は仕事レベルの勉強をしてましたからね~

すごい人は学生の時からすごい(゚д゚)!

当たり前ですが、そう感じますね(^^;

身長や体重については調べてみたんですが、出てきませんでした(;´Д`)
すいません…もしわかった場合は追記いたします。

続いての項目ではノンフィクション作家・高野秀行の妻(結婚)について迫ってみました!
なんと同業者の方みたいで、家族がすごいです!

クレイジージャーニー出演・高野秀行の妻(結婚)は片野ゆか 同じノンフィクション作家で家族がすごい!

ノンフィクション作家・高野秀行の結婚についてですが、妻は同じくノンフィクション作家の片野ゆかさんという方みたいです(・∀・)

片野ゆか

引用元:毎日新聞

プロフィールについては片野ゆかさんのブログがあり、そちらに載っていました。

1966年、東京生まれ。広告営業職を経てフリーランスのライターに。
得意分野は、犬と人の生活全般、アジアの食文化、美容・健康など。

2005年、第12回小学館ノンフィクション大賞受賞。
受賞作を単行本化した『愛犬王 平岩米吉伝』のほか、
『天職図鑑』(黎明書房)、『旅する犬は知っている』(KKベストセラーズ)、
『犬が本当の「家族」になるとき』(講談社)、
『アジワン~ゆるりアジアで犬に会う』(ジュリアン)
『ダイエットがやめられない~日本人のカラダを追跡する』(新潮社)
有名犬の知られざるエピソードを追う探訪エッセイ『ポチのひみつ』(集英社)などがあある。
最新刊『犬部!』(ポプラ社)好評発売中!!

引用元:片野ゆかのアジワン日和

ということで、こちらのプロフィールによると1966年生まれということで旦那である高野秀行さんと同じ年みたいですね。

学歴や出身については上記プロフィールに記載されていませんが、調査したところ
高野秀行さんと同じく東京都出身東洋大学社会学部卒業を卒業されたとのことです。

大学卒業後は一度広告営業職を経験されてからノンフィクション作家になったとのことです。
画像でもわかる通り相当な犬好きみたいで、犬に関する著書が非常に多いですね。

この片野ゆかさん、家族がすごい方みたいです(゚д゚)!
早速紹介していきましょう!

まずはお姉さんですが高橋ゆりさんという方です。

2016y11m01d_231808789

こちらの方はなんとミャンマー文学研究者兼翻訳者の聞くからにとんでもない方です(^^;
ミャンマーの古典歌謡を歌う歌手としても活躍しておりその道の第一人者みたいですね。

そしてその高橋ゆりさんの夫はニュージーランド人でオーストラリア活躍すジャズピアニストのマイク・ノック氏。

私はこのマイク・ノックさんという方は知らなかったんですが、調べたところアマゾンで軽く10枚を超えるCDを出していました。
Wikipediaでは英語のページしかありませんでしたが、翻訳すると1987年のニュージーランドの音楽賞でその年のジャズアルバムで賞を取ったみたいです。
あくまで翻訳なので詳しくはわかりませんでしたが、ニュージーランド、オーストラリアでは結構有名なジャズピアニストみたいですね。

うーん、軽い気持ちで高野秀行さんの妻を調べてみたんですが、なんかすんごい家族ですね(^^;

すごい人はすごい人を呼ぶ

といった感じでしょうか(^^

続いての項目では高野秀行さんで検索すると逮捕の関連キーワードが…その詳細と
クレイジージャーニーで紹介される脳みそ酒というものについて調べてみました!

クレイジージャーニー出演・高野秀行は逮捕歴がある?

クレイジージャーニーに出演される高野秀行さんで検索をかけると逮捕というなんとも穏やかではないキーワードが出てきます(;´Д`)

調査してみたところ2002年に「西南シルクロードは密林に消える」という本の取材で
出国スタンプを押さずに中国から出てしまったようです。
理由については明らかになってませんが、これが原因で正式な出国処理をしておらず、
ミャンマー北部のゲリラ支配域を横断後にインドに不法入国という形になってしまいました。

※読者の方からご指摘があり、この顛末については「西南シルクロードは密林に消える」に記載されているとのこと。
理由について秘密にしているわけではなく、自分の書籍にてちゃんと記載されているということなので、決して隠しているというわけはありませんでした。
誤解を招く表現をしてしまい申し訳ありませんでした。

これが原因で高野秀行さんはインド当局に自首することになり、国外追放処分に。

そしてミャンマー北部のゲリラ支配域を横断後にインドに入国したことにより、
以降インドへは入国禁止となったそうです。

つまり高野秀行さんはもう一生インドに行けないということですね。
私たち一般人はインドに一生いけないからと言ってもそんなに困りませんが、
探検しながら執筆活動をする高野秀行さんにとっては結構な死活問題になるんですかね?

まあ、世界は広いのでインドに行けなくても何とかなりそうな感じですけどね(^^;

クレイジージャーニーで紹介される脳みそ酒って

2016年11月3日に放送されるクレイジージャーニーにて脳みそ酒というのが出てくるみたいです。

予告で高野秀行さんはこんなことを言っています。

2016y11m02d_000734602

渇いたサルの脳みその味(;´Д`)

なんとも君が悪いですが、果たしてどんな内容なんでしょうね…これは番組を見てからのお楽しみといったところでしょうか(^^;

ということで、本日はクレイジージャーニーに出演されている辺境・探検・ノンフィクション作家・高野秀行さんについて調べてみました。
最後までご覧いただきましてありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク


この記事は役に立ったと思ったらクリックお願いします。

2件のコメント

  • 笠谷

    今更かもしれませんが、
    〝出国スタンプを押さずに中国から出てしまったようです。
     理由については明らかになってませんが、…〟
    これでは高野さんが理由を隠しているみたいじゃないですか~(>_<)
    この顛末については「西南シルクロードは密林に消える」に、これでもかと超詳しく書いてありますよ~。
    いちいち読んでからブログを書いてはいられない、とは思いますが、読む人にあらぬ誤解を招くような書き方には、注意していただきたいです。
    検索で当たる人もいるでしょうから、高野さんの名誉のために、
    〝理由については著作に書かれているようですよ。〟
    とかに直していただけたらと思いました。

    私は高野秀行さんのファンです。
    一応著作は全て読んでいる、という程度ですが。
    最近になって彼がクレイジージャーニーに出演したことを知って、検索でこちらに当たりました。
    「西南シルクロードは密林に消える」はホントに面白いです、偉業の実録なのに、かなり笑えますしメチャクチャ読みやすいんです。
    高野さんに悪いことしちゃったな、って思われたなら、ぜひ文庫にもなってるので、買ってあげてください!
    ちなみに、奥様との馴れ初めから結ばれるまでも、全部「ワセダ三畳青春記」にセキララに書いちゃってます。
    そして未だに、インド入国を許されて怪魚を探すことを夢見ているようですよ~(T_T)

    最後に、既に高野作品を読まれていたら、ごめんなさい。

    • parkbouzu

      笠谷さん、コメント頂きありがとうございます。

      ご指摘ありがとうございます。あらぬ誤解を招くように追記させて頂きました。
      私が調べた段階だとどうしても情報が出てこなかったので…高野さんのためにもこういうご指摘は非常に助かります。

      おお!著作をすべて読んでいるということは相当なファンだと思います、決してという程度ではないかと(゚Д゚;)
      そうですね、機会があれば目を通してみたいと思います。しかし、高野さんにこれだけのファンがいるとは思いませんでした。

      重ね重ねコメントありがとうございましたm(__)m

コメントを残す